花模様のエンボス加工が美しい♡キーケースの作り方

前に栃木レザーのエンボス革でA4サイズのトートバックハンズのワークショップで作りました

A4サイズのトートバックの作り方はこちら

今回の東急ハンズ大宮店のワークショップは選べる「革の小物作り」キーケース札入れコインケースペンケースから選べました。お値段はモノによって微妙に違います

今回の見本品。見たらみんな作ってみたくなりました

革の文様と色を好きに選べました

キーケース用エンボス加工された革黄色、赤、緑。青、黒、紺色

トートバックと同じカラーの緑色で作る事にします。キーケース用の部材は4枚の革。型紙通りに切ってあってキーホルダーとホック用の穴もすでに開けられてます

今回使う糸は細いロウ引き糸でこんなに種類あるので選ぶのに困ってしまいます

革の裏と小口をトコロールで処理。トコノール処理すると毛羽立った裏革がスベスベになるのです

ガラス板を使ってこすって染み込ませます。右が処理を終わった革。色が違いますね

表革に菱目打ち金具ガイドラインを引きます

これがキーケースの型紙とガイドラインを引き終わった革。型紙には菱目で打つ縫い穴の方向も丁寧に書いてあります

4つ目の菱目打ちで縫い穴をゴム台の上で木槌で叩いて開けている所

銀ペンで印をつけそれから目打ちを使って最初の穴の目印をつけてます。こうする事で目の数がちゃんと合うようになってます

キーをつけるための金具の取り付け

軽く仮止めを左右してから強く叩いてしっかり金具が入ったら音が変わるのでわかります

ホックもつけました。革を縫い合わせる前に細い両面テープで仮止めをします

両面テープで貼り合わせたらクリップで留めておきます

両面テープを貼って仮留めしたらこれから縫い合わせが始められます。2本針を使う平縫いで縫いますが真ん中から始めて反対側の真ん中で1回返し縫いをして糸を留めます。そして反対周りにまた縫います。同じ方向からぐるりと縫っていけばよいのでは?という疑問を先生にぶつけたらこう縫う事で形が歪まないそうです

なんとか縫い終わりました

表はこんな感じです

先生が仕上げにライターで糸のロウを炙ってます。私のキーケースも同じように炙ってもらいました。これで糸についていたロウが軽く溶けて締まるそうです。このあともう一度仕上げに小口をトコノールで丁寧に磨いて完成です

現  場  で  の  記  念  撮  影

 

皆  さ  ん  の  完  成  作  品

コインケースが1番早く縫い終わりました

こちらはペンケース。縫う前より出来上がると凹凸がまた違う味わいが出るのがエンボス革の良さだと思います

2トーンカラーがオシャレな札入れ♡作った方がご主人へのプレゼントとおっしゃってました

シンプルなデザインですが縫う量が多く意外と大変そう。。。私のキーケースと同時に終わりました

家に持って帰ってから記念撮影

自転車の鍵をつけてみました

今回は11時に開始して1時半には完成しました。縫い目も随分揃ってきましたね!と先生に言われましたが半年前に作った作品(ティッシュカバーとルームシューズ)の縫い目が酷すぎたのですw下手くそなりに慣れて来たようです。革細工は達成感半端ないワークショップです。今回もしっかり下準備がされていてわからないところは先生が丁寧に教えてくださるので初めての方もいらっしゃいましたが皆素敵な作品が出来上がりました。キーケースを作りましたがコインケースも札入れもペンケースも作ってみたかった!が私の本音です。次は念願の長財布作りが待ってます

 

前に作った同じエンボス革で作ったA4サイズのトートバックとのコラボ。。。9月のワークショップはこれと同じエンボス加工の革で長財布をつくるので楽しみ♪

11月のワークショップコンビバックの見本品だそうです。布に見えますが染色した牛の革で毛並みがすべすべ心地よい手触りでした

以  前  ハ  ン  ズ  の  ワ  ー  ク  シ  ョ  ッ  プ  で  作  っ  た  革  細  工  

短時間で出来る簡単革細工アイテムの作り方

革細工2.本革のアニマルプリントのガマ口の作り方

ムートンの手縫いルームシューズの作り方

大人女子にピッタリなアイテム!革のティッシュケースの作り方

ナチュラルな味わいがステキ?カービング加工したぬめ革コインケースの作り方

この模様も刻印で打った手作りなの?ぬめ革手帳ケースの作り方

フランス産ヌメ革のショルダーバックの作り方前編後編

横型のファスナー付きトートバックの作り方

レザーカービングの技法で加工した手鏡とリップケースの作り方

 

mizucchi

ルームクリップ(通称RC)に投稿し始めてからハンドメイドの楽しさを知りました。 小さな頃から周りの大人に不器用だと言われ続けられて来たしお裁縫や編み物などキチンとした技術のいるハンドメイドは苦手です。よくどうやって作っていいか知らない。。。わからない。。。とコメント欄に書かれてました。私も最初は見よう見真似で試行錯誤でやって来ましたが4月からワークショップという2時間程度の1日講習会を知りハマってしまいました。そこで学んだ手順などを多くの人に知ってもらい多くの人がハンドメイドに興味を持ってもらえ作る楽しみを共有出来たらなぁ!と思ってこのブログを始めました。誰でも出来るアイテムばかりです。レッツ、チャレンジですよ(^^)


あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です