革細工2.本革のアニマルプリントのガマ口の作り方

簡単なカシメを打った革細工でアイテムを作ってきておばちゃんチャレンジャーmizucchiはようやく本格的な革細工にも興味が。。。

アニマルプリントで出来た本革のガマ口を作ってみました。選んだのはチーター柄他にゼブラ柄シマウマ柄トラ柄迷彩柄ヒョウ柄が有りました。写真を撮っておけば良かったぁ。。。と痛く後悔してます

本革の手縫いガマ口2時間のワークショップで作ってきました

裏側はこんな感じ。。。

裏の皮を薬剤を塗ってガラスのヘラで舐めしてスベスベにしました。なめさないとザラザラしたままです。この一手間が柔らかくて滑らかな手触りを生んでます。picでわかる通り本作品は手縫いです。ワークショップで時短のためすでに型紙通りに革が切ってあり縫い目も付いてました二本の針を使い蝋引きの糸を使います。縫い方は平縫いという方法。。。平縫いを見るのもやるのも初めてでしたが縫い数も少なく先生が丁寧に教えてくださるのでなんとか出来ました

縫い終わったら表に返して金属の口を取り付けます。金属の方に接着剤を塗り水に濡らした紙紐金属の口の間にマイナスドライバーで挟みながら押し込んで行くわけですが片方はわりとスムーズにいきます

コツ➊紙紐のシワに合わせてドライバーを差し込むとうまく中に噛ませる事が出来ます

コツ➋真ん中から左右均等に金属の口金と革を差し込んで行く。出ないと形がいびつになってしまうので革の真ん中をキチンと印をしておくと良い

ところが反対側に取り掛かるとなぜか突然難しくなる。。。接着剤が乾かないうちにやり終えないとと焦るw

コツ❸口金と革を合体させたら口金の根元4つをギュッと締め上げておく

この工程で2時間で出来上がります。参加者4人のうち3人が初めてという中で全員キチンと2時間で作り上げました!プリントされてますが毛並みが良くて手触りも良い革で出来てます

渡された時はもっと平べったい感じでした

ストラップで平面で出来た革を水で湿らせて指で成形しただけで立体的に形に仕上がります。馬に見えますか?

おっかなびっくりで手縫いガマ口を作った私が「タッセルのついたルームシューズを作る」の予約を入れました。お値段張りますが携帯の機種変更で1万円のキャシュバックが私の背中を強く押しましたw革と糸の色は好きに選べて底面はオイルレザーだそうです。どうなりますか。。。

to be continued

mizucchi

ルームクリップ(通称RC)に投稿し始めてからハンドメイドの楽しさを知りました。 小さな頃から周りの大人に不器用だと言われ続けられて来たしお裁縫や編み物などキチンとした技術のいるハンドメイドは苦手です。よくどうやって作っていいか知らない。。。わからない。。。とコメント欄に書かれてました。私も最初は見よう見真似で試行錯誤でやって来ましたが4月からワークショップという2時間程度の1日講習会を知りハマってしまいました。そこで学んだ手順などを多くの人に知ってもらい多くの人がハンドメイドに興味を持ってもらえ作る楽しみを共有出来たらなぁ!と思ってこのブログを始めました。誰でも出来るアイテムばかりです。レッツ、チャレンジですよ(^^)


あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です