短時間で出来る簡単革細工アイテムの作り方

革細工のハンドメイドに対してどんなイメージがありますか?

難しそう!

やり方(材料や道具)がわからない

お金がかかりそう

不器用な自分が出来るとは思えない!

こんなネガティブなイメージしかなかった私が少しずつステップを踏んで革細工のハンドメイドチャレンジして行きました♪

ステップ1.  カシメのみで作れる革のトレイ

東急ハンズのワークショップで配られてる写真付き作り方ガイドです。これを手元で見ながら指導員の方の社員さんがテーブルに必ずついてやり方を口頭でも言いながら見守ってくれます

最初から穴が空いた革が配られました。四隅をカシメで打ったのみ「父の日用のワークショップ」だったのでお子さんにも出来る簡単な作業丁寧な説明写真もあったので10分もかからず作れました。金属のアルファベットの刻印を使って文字も打ってます♪500円プラス税です

出来上がりがこちら♪レジンで作ったチャームとコラボ。実は刻印でLOVE MASAと打つ予定がEが逆に押されてますw金属の刻印の場合良くある間違いだとか。。。

ステップ2.   柔らかい革を使ったバック型のキーケース

このカバン型キーケースはカシメのみで成形してますが色の違う取っ手が付いていて種類の違うカシメ使ってるので組み立てる順番と使うカシメの大きさを間違わなければ誰でも簡単に出来ます。実際お子さんも沢山参加したました。中にキーホルダーを収納出来きます。豊岡鞄の販売促進用イベントだったので300円プラス税で作れました

手作りのレジンで出来たチャームをつけて

ステップ3.  革の小銭入れ

これが今回使った紙の型です。両面テープで革に固定するのでズレなくて安心!カッターで型紙に沿って丁寧に切ります。角が切れ辛いのでしっかりカッターの歯を当てて下さい

カシメを打って金具を留めたら出来上がりです

今回は樹脂製の刻印キットを使って簡単に刻印を打てた事に驚きました。金属の刻印と違って左右の違いも出ません。文字以外もバラエティ豊かなラインラップが有りました。こちらも500円プラス税

こうやって少しずつ革細工ハンドメイドに対する心のハードルを下げていって次は手縫いの革のガマ口を作ります

to be continued

mizucchi

ルームクリップ(通称RC)に投稿し始めてからハンドメイドの楽しさを知りました。 小さな頃から周りの大人に不器用だと言われ続けられて来たしお裁縫や編み物などキチンとした技術のいるハンドメイドは苦手です。よくどうやって作っていいか知らない。。。わからない。。。とコメント欄に書かれてました。私も最初は見よう見真似で試行錯誤でやって来ましたが4月からワークショップという2時間程度の1日講習会を知りハマってしまいました。そこで学んだ手順などを多くの人に知ってもらい多くの人がハンドメイドに興味を持ってもらえ作る楽しみを共有出来たらなぁ!と思ってこのブログを始めました。誰でも出来るアイテムばかりです。レッツ、チャレンジですよ(^^)


あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です