100均素材で10分で出来る簡単クリスマスリースの作り方

誰でも(お子さんでも)簡単に出来て時間もお金も掛からないリースが作れないかな?と思ってたらダイソーで発泡スチロールの土台を見つけてこれなら!と思って作って見ました

玄関開けて正面に作ったクリスマスリースを飾ってみました。下はティアドロップ型秋の木の実いっぱいのリース

《今回の材料》

発泡スチロールの土台、100均(ダイソーかセリアどちらかで購入した)毛糸、ダイソーで購入したポインセチアのフェイク、ボールピック、紐、グルーガン、ニッパーなど

 ダイソー発泡スチロール製のリース土台を見つけました

 一昨年購入したのでどこで買ったかは覚えて無い毛糸。太くて艶やかで白ではなくてシルバーです

 最初に一巻きして片結びします

 よれないようにキレイに土台に巻きつけていきます

 少し巻きつけては間をつめていきます

 ダイソーで購入したポインセチアが3輪ついていたフェイク

*クリスマスシーズンの100均のお店にはいろんなサイズのポインセチアのフェイクが売っているのでお好みの色(今回使ったのはかなりの真紅!って感じです)と形と大きさを選んでね*

 ニッパーで短く切っておきます

 バランスを見ながらシュミレーション。付属の葉っぱもバランスを考えて置きます

 去年買った飾りについていて使わなかったポールピックを使います

 ゴールドの紐は紙袋についていた紐を流用。形を整えワイヤーでしばっておきます

 グリーンが足りないようなので過去に使ったポインセチアの葉っぱを探してきて全部グルーガンで接着しました

*グルーガンを使うとすぐ接着できるのでリース作りに欠かせない道具です*

《簡単安上がりで10分ほどでクリスマスリースが完成しました》

 リースが完成したらいつもこのフックにかけてます。少し離れたところからも見て最終確認

 左側から

 右側から

 下から

台があるとまた印象が違いますね

ダイソーパトロールでこの土台を見つけた時これなら誰でも簡単に手早くリースが出来るだろうなあと思いました。断捨離の一環使ってない材料の消費もかねてモフモフツヤツヤのこのシルバー毛糸を中心にすることにしたので土台代金とフェイク1本だけの持ち出しで出来ました。シンプルだけど華やかな感じのするリースができたので作ってみてください!

mizucchi

ルームクリップ(通称RC)に投稿し始めてからハンドメイドの楽しさを知りました。 小さな頃から周りの大人に不器用だと言われ続けられて来たしお裁縫や編み物などキチンとした技術のいるハンドメイドは苦手です。よくどうやって作っていいか知らない。。。わからない。。。とコメント欄に書かれてました。私も最初は見よう見真似で試行錯誤でやって来ましたが4月からワークショップという2時間程度の1日講習会を知りハマってしまいました。そこで学んだ手順などを多くの人に知ってもらい多くの人がハンドメイドに興味を持ってもらえ作る楽しみを共有出来たらなぁ!と思ってこのブログを始めました。誰でも出来るアイテムばかりです。レッツ、チャレンジですよ(^^)


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です