レジンクラフトで作るハーバリウム風ボトルチャームの作り方

去年3月末和田裕子先生が初めて大宮店でのワークショプをされた日で散歩の帰りにドライフラワー用のシリカゲルを買いに行ってたまたま呼び止められてレジンクラフトで作るボトルチャームを作ったのが私にとってワークショップとの出会いでした

その時初めて作ったレジンクラフトのボトルチャーム。先生と1対1だったので手取り足取り状態で丁寧に教えていただいて出来も良かったのでその気になった記念すべき最初の作品

今回10ヶ月ぶりに同じ和田先生で同じようなボトルチャームを作ります。私はちゃんと覚えていたでしょうか(^^)

今回の見本と中に入れるお花。平べったいお花がメインですね。文字フィルムも色々な書体や文字がありました

こんなカスミソウも入れられるそうです

選んだ花材をチャーム枠にこんな感じで並べてシュミレーションしてみます

シート(牛乳パックで良いそうです)に幅広のマスキングテープをベタベタ面を上になるよう逆に貼って周りを別のマスキングテープで固定します。その上にチャームを乗せて上から手で押さえて固定します。最初にレジンを小豆大入れて満遍なく広げて最初の硬化をさせます(泡消しにエンボスヒーターをかけすぎると流れ出てしまうので注意しましょう!)次にお花を乗せて2回目の硬化をし(このときエンボスヒーターをお花に近づけすぎるとお花が焦げてしまうので注意!)文字フィルムキラキラパウダーを乗せて3回目の硬化をさせます。ぷっくり枠から盛り上がるようにレジンを乗せ最期の硬化をさせます。途中様子を出して触って表面がベタベタしなければしっかり硬化した証拠です

この中からつける飾りのフリンジを選びます

ミックスパウダーホワイトとチョイスしたフリンジ

台から外し裏にもレジンを乗せて再度硬化して出来上がりです♪

光を当てると中のパウダーがキラキラしてよりキレイですね

フレームに飾っても良いですね

カービング加工したレザークラフトのコインケースにこのチャームをつけたくて打具を買い自分で穴を開けハトメをつけたのでそこにチェーンを引っ掛けて2作品のコラボ

我が家の照射器(UVライト)エンボスヒーターです。勢いで買ってしまいましたW使わないとね。。。

久しぶりのレジンクラフトでした。実はレザークラフトの終了時間が読めず予約無しで飛び込み参加でした。家に照射器エンボスヒーターレジン液もありますし中に入れる材料も実はものすごくたくさん買い込んで引き出しに眠ってます。今回やってまたレジン熱が復活してたくさんある材料を使って作るようになればいいなあ!と思いますが。。。

mizucchi

ルームクリップ(通称RC)に投稿し始めてからハンドメイドの楽しさを知りました。 小さな頃から周りの大人に不器用だと言われ続けられて来たしお裁縫や編み物などキチンとした技術のいるハンドメイドは苦手です。よくどうやって作っていいか知らない。。。わからない。。。とコメント欄に書かれてました。私も最初は見よう見真似で試行錯誤でやって来ましたが4月からワークショップという2時間程度の1日講習会を知りハマってしまいました。そこで学んだ手順などを多くの人に知ってもらい多くの人がハンドメイドに興味を持ってもらえ作る楽しみを共有出来たらなぁ!と思ってこのブログを始めました。誰でも出来るアイテムばかりです。レッツ、チャレンジですよ(^^)


あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です