三日月型(クレッセント)リースの作り方

先週ハンズのワークショップでボタニカルなお正月飾りの先生をしてくださったfu-na先生が近くのデパートで三日月型のリースを作るワークショップをやると聞いて予約して作ってきました

今回の先生の見本。プリザーブドの枝物材料を使ったボタニカルな三日月型(クレッセント)リース

今回の材料。。。三日月型の土台も先生自作

グルーポット両手が使えるので便利でした

今回の材料 。。。ヒムロスギヤシャブシの実ユーカリティーツリージュニパーベリーコアナグローストーベ蓮の実コットンフラワー

蓮の実と松はワイヤリングしておきます。前週ワイヤリングを経験したばかりなので少し慣れました

つける前に枝を置いてみます。三日月の先端部分にはシュッとした尖った枝を選択がベター

グルーポットに枝の先をつけて三日月の土台に差し込んでいきます

実をつける場所は空けて全体的につけていきます。多い所はハサミで剪定して少ない所は付け足します

短く切って

土台に直接差し込んでいきます

先生曰く私の作品は「大胆」だとw私は慎重な方と違って感覚信じてポンポン付けていく人です

実際に実モノをつける前に置いてシュミレーションしておきます

参加4名2時間集中して黙々と作業してました

先端は細く中心は太くが三日月型の特徴です

小枝を差し込んでよりナチュラルに。時々離れた所に立って作品を見返してみると冷静に全体的に見られて良いですよ

リボンラベルコアナグローをつけて出来上がり

私以外3名の作品の出来上がり

同じ材料を使ってるのにこれだけ個性が出ます

現場での記念写真♡リーススタンドはFu-na先生がアンティーク調にリメイクされたそうでステキです

なぜか皆さんのより私の作品は一回り大型サイズの作品になってしまいましたw家で吊ると材料の重みで形が少し変わるそうです

先生にラッピングしてもらいました。買って来たみたい

家ではここにディスプレイすることに。鏡のフレームダイソー「デザイン0PPテープ」リメイクしてます。スイッチプレート陶器製です

上からの光で雰囲気アップ

大宮そごう3FでFu-na先生の作品が展示販売されてました

100均のフェイクフラワーでリースを作って楽しかったのがハンドメイドにハマるきっかけでしたが三日月型のリースも初めてならプリザーブドフラワーのリースも初めてでドキドキしました。先生も三日月型はバランスが難しい!とおしゃってましたが確かにそうで土台も先生の手作りと聞いてなお感心しました。家にあるプリザーブドのクリスマスリースも大事にしてるので今年で8年経ってますが色あせず良い状態です。この三日月リースもクリスマスに限らず飾れるデザインなので大事にして長く楽しんでいこうと思います♪

mizucchi

ルームクリップ(通称RC)に投稿し始めてからハンドメイドの楽しさを知りました。 小さな頃から周りの大人に不器用だと言われ続けられて来たしお裁縫や編み物などキチンとした技術のいるハンドメイドは苦手です。よくどうやって作っていいか知らない。。。わからない。。。とコメント欄に書かれてました。私も最初は見よう見真似で試行錯誤でやって来ましたが4月からワークショップという2時間程度の1日講習会を知りハマってしまいました。そこで学んだ手順などを多くの人に知ってもらい多くの人がハンドメイドに興味を持ってもらえ作る楽しみを共有出来たらなぁ!と思ってこのブログを始めました。誰でも出来るアイテムばかりです。レッツ、チャレンジですよ(^^)


あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です