流行の兆し?刺繍枠を使った大人カワイイボタニカルアレンジの作り方

2月前にユザワヤ刺繍枠にレースを挟んでそこにフェイクフラワーをアレンジしているアイテムに出会いました。これなら余ってるうちのドライフラワー使ってアレンジメントできるなぁ。。。と思ってた所に東急ハンズでワークショップがありました

お馴染み和田裕子先生(Angelic ちゃちゃ丸)

先生の見本でもってらした作品です

レースの代わりにベロアの布レースを合わせて貼ってるクリスマスバージョン

水引干支の和紙お正月バージョン

先生がおっしゃるにはsanseiさんの製品を使ってないので「カレイドフレームアレンジ」とは名乗れなくて「刺繍枠を使ったボタニカルアレンジ」という名称になるそうです。これから流行る兆しがあるので作るなら今のうちですよ!

用意するものは刺繍枠と写真では見えにくいですがチュールレース接着剤グルーガン花材リボンなど

いつものようにたくさんの花材を持ってきてくださってますが今回も見た事ない花材混じってます

内側の枠外側接着剤(デコポッジ)を塗ります

チュールレースを挟んでレースがピンと張るように枠を閉めます

枠が乾く間に花材を選びます。私が選んだのはグリーン多めのボタニカルな感じ

ヘリクサムなどの繊細なお花は「リリガード」を噴霧しておくと持ちが良くなるそうです

補足。。。「リリガード」プリザーブドフラワー専用コーティング剤でスプレーで薄く掛けるだけで硬くならず柔軟性を出しながら強化させる事が出来るので持ちが良くなります。本体価格4000円

別の枠で大体の構想をしてお花を置いてみます

グルーガンでお花をつけていきますがメインの花から中心からが良いそうです。立体的につけたい場合には後ろにアジサイなど同じ色合いのお花を土台にしておくと良いそうです

リボンを選びます

私の作品の出来上がり

隣席顔見知りのSさんの作品と手前2つは次の14日金曜夜のワークショップで作る作品の見本です

裏から見るとこんな感じ

和田先生は枠のレースをピンと張ってしまったらあとは各自の思うように。。。と。自由度が大きいし作る人の個性が出ます。枠に入れる布もレースがお花を引き立ててキレイに見せてくれますが布であればなんでも良くお花もフェイクでもドライフラワーでもプリザーブドフラワーでも良いので家にある素材で手軽に出来るのとsanseiさんの製品を使った枠で「カレイドフレームアレンジ」と呼ばれてあちらこちらで見かけるようになってきたので流行するのではないかと私は睨んでます

mizucchi

ルームクリップ(通称RC)に投稿し始めてからハンドメイドの楽しさを知りました。 小さな頃から周りの大人に不器用だと言われ続けられて来たしお裁縫や編み物などキチンとした技術のいるハンドメイドは苦手です。よくどうやって作っていいか知らない。。。わからない。。。とコメント欄に書かれてました。私も最初は見よう見真似で試行錯誤でやって来ましたが4月からワークショップという2時間程度の1日講習会を知りハマってしまいました。そこで学んだ手順などを多くの人に知ってもらい多くの人がハンドメイドに興味を持ってもらえ作る楽しみを共有出来たらなぁ!と思ってこのブログを始めました。誰でも出来るアイテムばかりです。レッツ、チャレンジですよ(^^)


あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です