10分で出来るリメイク♪いただいた手ぬぐい→タペストリーの作り方

夏らしい手ぬぐいから簡単タペストリーを作りました

 ルームクリップというインテリア投稿サイトで同郷同年代という事で仲良くして下さってるchiiyanさんから「おうちじかんフェス2021」の手ぬぐい2枚をプレゼントしてもらいました

chiiyanさんのルームクリップのお部屋

私のルームクリップでのお部屋

手ぬぐいからタペストリーにしようかな?と思いました。ちょうど塩梅良い枠や額を持ってないので家にある材料自作する事にしました

《今回使った材料》

手ぬぐい、フェイクの白樺材、物差し2本、テープ、紐、アイロン、アイロンマット、針、白の糸、ハサミ、洗濯糊スプレー

 2018年末にルームクリップ本社「ニトリのクリスマス商品発表会&クリスマスアイテム作りワークショップ」参加で頂いたフェイクの白樺材が家に有るのを思い出し使います

この時のイベントの様子はこちらを見てね

手ぬぐいがよれるのを防ぐために裾に重しが必要で思いついたのが金属のミニ物差し。これはルームクリップのモニター当選で参加したギフトショーの参加記念品w有るものはなんでも使います。2本をテープで繋いだらちょうど良い長さと重さになりました

まず手ぬぐい全体のシワ伸ばしでアイロンを掛けます

次に手ぬぐいの裾を三つ折りにしそこに物差しを入れるプランです。糸と針でまつり縫いして物差しが簡単に外れないように縫います

三つ折りしてアイロンで癖を付けます

アイロンの下は買ってから1度も使ってなかったテーブルの上でアイロンが掛けられる「セラミックアイロンマット」です

ハジからざっくり縫っていきます

裾で物差しが中で動かないように横も閉じておきます

表から見たらこんな感じ。目立たず良い感じになりました

フェイクの白樺材に巻き付くように布を被せます。縫う目安にまち針打っておきます

こちらもまつり縫いでハジから縫ってます

*裁縫は苦手です。。。なるべく縫いたくない場合は裁縫用糊や両面テープなど使うと良いかもしれません

柄が夏の柄なので夏が終わる前に飾れて良かったです

室内窓にタペストリーを掛けてみた所です

ルームクリップで仲良くしているchiiyanさんからせっかく夏らしい模様の手ぬぐいをいただいたのでこの夏の間に飾ろうと思い家にある材料で捻り出して簡単タペストリーをリメイクしてみました。取り掛かるまでの考察時間はちょっとかかりましたが作り始めたら時間は10分程度です。ワザワザタペストリー用の枠や額を買わなくてもアイデアさえ思いつけば出来るんだなぁ。。。と自分でもちょっと驚き。。。自分で自分を褒めたいw

《今回のおまけ映像》

chiiyanさんからステキなプレゼントたちです

今私と同じくトンボ鉛筆のABTのモニターをやっててレタリングのワークショップに参加したので沢山の手書きのカードが添えられてました

折り紙で出来たバラリースは我が家の特等席のDIYしたエコカラットの壁に飾りました

mizucchi

ルームクリップ(通称RC)に投稿し始めてからハンドメイドの楽しさを知りました。 小さな頃から周りの大人に不器用だと言われ続けられて来たしお裁縫や編み物などキチンとした技術のいるハンドメイドは苦手です。よくどうやって作っていいか知らない。。。わからない。。。とコメント欄に書かれてました。私も最初は見よう見真似で試行錯誤でやって来ましたが4月からワークショップという2時間程度の1日講習会を知りハマってしまいました。そこで学んだ手順などを多くの人に知ってもらい多くの人がハンドメイドに興味を持ってもらえ作る楽しみを共有出来たらなぁ!と思ってこのブログを始めました。誰でも出来るアイテムばかりです。レッツ、チャレンジですよ(^^)


あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です