大きな松ぼっくりを使うクリスマスの飾りの作り方

             12~15センチ大の大きな松ぼっくりがうちにもありますが  一手間加えればよりステキなクリスマス用の飾りになります。ドア飾り用としてオススメですがそのまま置いても他の壁に飾ってもステキなクリスマスオーナメントを作ってみませんか?

 今回は「ハンドメイドと雑貨のお店mini」さんのワークショップ♪今回の先生はさいたま市内で花・芸術文化協会認定教室「プリザンテ」を主催なさってる蛯名浩美先生

mini店長ブログ「ハンドメイドと雑貨のお店mini」のワークショップの予約できます

使

松ぼっくり(15センチ大)、ワイヤー(24番、26番)、フローラルテープ、ミニツガ&カラマツの実3個、綿の実の殻、スターアニス、ユーカリの実、シナモンスティック2本、大小のボールピック4つ、飾る用ワイヤー、木製の雪の結晶オーナメント、グルーガン、ハザミ

今回の見本品です

最初から金ピカにカラーリングされていた松ぼっくり。大きさは12~15センチほど

松かさの上3分の1くらいの所にワイヤー(24番ワイヤーにフローラルテープを巻いたモノ)を掛けて半周くらい引っ掛けて上でひねってクルリと輪っかも作っておきます

作った輪っかに吊り下げ用のリボンを通して縛っておきます

カラマツミニツガのワイヤリング。。。かさにワイヤーを引っ掛けて根元で縛っておきます

赤に染色された綿の実の殻です。表からワイヤーを掛けてギュッとひと縛りします

金色に染色されたスターアニスこちらも表からワイヤーを掛けてギュッとひと縛りします

赤と金色のボールピックユーカリの実シナモンもみなワイヤリングしてフローラルテープを巻いておきます。使うときはワイヤーを短く切って使います

プリザーブドのヒムロスギです。小分けにしてワイヤリングしてこれからフローラルテープで巻いて下処理するところ。。。

グルーガンで手早く松ぼっくりにつけて行きますがワイヤリングしフローラルテープを巻いて下処理してあるので松ぼっくりへの接着がとてもしやすいです

最後に雪の結晶オーナメントを松ぼっくりに飾りワイヤーで取り付けます

現地での出来上がり映像です

自分達でDIYしたエコカラットの壁です。この壁にかけてもステキですね

こちらは別のエコカラット の壁。綿の枝とのコラボ♪こうやってエコカラット の壁にディスプレイが可能になったのも3Mのコマンドフックのお陰♡

コマンドフックの記事はこちらから

一昨年買った大きな松ぼっくりがたくさん家にあるのでこれからいくつか作る予定ですがそれまではしばらく1つなのでこんな感じで去年作ったクリスマス風ハーバリウムたちと一緒に♪

 

 

 

 

mizucchi

ルームクリップ(通称RC)に投稿し始めてからハンドメイドの楽しさを知りました。 小さな頃から周りの大人に不器用だと言われ続けられて来たしお裁縫や編み物などキチンとした技術のいるハンドメイドは苦手です。よくどうやって作っていいか知らない。。。わからない。。。とコメント欄に書かれてました。私も最初は見よう見真似で試行錯誤でやって来ましたが4月からワークショップという2時間程度の1日講習会を知りハマってしまいました。そこで学んだ手順などを多くの人に知ってもらい多くの人がハンドメイドに興味を持ってもらえ作る楽しみを共有出来たらなぁ!と思ってこのブログを始めました。誰でも出来るアイテムばかりです。レッツ、チャレンジですよ(^^)


あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です