全部100均で出来る!滑り止めのついたカッティングボードの作り方

ハンドメイド・ラボ Do♪ReMi山中玲見佳先生が作品を飾るのに使ってたカッティングボードが優れもので真似して作ってみることにしましたぁ!

山中玲見佳先生自作のカッティングボード。作品を見えやすい&写真撮りやすいように斜めに傾けて置いてもタイルシールが貼ってあるのでプラで出来ている押し花印鑑ケースのように滑りやすいアイテムでも滑り落ちないというスグレモノ!!!

押し花印鑑ケースの作り方はこちら

ワッツで買った竹で出来たカッティングボード

サンドペーパーでサラッと表面を磨いておきました

私は家に眠っていたダイソーで買った漆喰をカッティングボードに塗ります。これでまた一つ在庫整理♪漆喰を塗るヘラはアイスの木べら使ってます

こんな感じにラフに塗りつけました

表も塗りますがタイルシールを貼る予定なので真ん中は空けておきます

2度塗り完了!ファンヒーターの前で乾かします

裏も2度塗り。ラフで良いので気が楽です

滑り止めに使うのはセリアのタイルシール。はさみで切って貼るだけのお手軽品。目地が黒や他の色もあります

出来上がりです

去年作ったレジン作品の一部

斜めに置いてもずり落ちて行かないし白なので透けるアイテムもキレイに写ります。簡単なので是非作ってみてくださいね(^^)

mizucchi

ルームクリップ(通称RC)に投稿し始めてからハンドメイドの楽しさを知りました。 小さな頃から周りの大人に不器用だと言われ続けられて来たしお裁縫や編み物などキチンとした技術のいるハンドメイドは苦手です。よくどうやって作っていいか知らない。。。わからない。。。とコメント欄に書かれてました。私も最初は見よう見真似で試行錯誤でやって来ましたが4月からワークショップという2時間程度の1日講習会を知りハマってしまいました。そこで学んだ手順などを多くの人に知ってもらい多くの人がハンドメイドに興味を持ってもらえ作る楽しみを共有出来たらなぁ!と思ってこのブログを始めました。誰でも出来るアイテムばかりです。レッツ、チャレンジですよ(^^)


あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です